沖縄神秘の青の洞窟

一般的に青の洞窟と聞くと、多くの方はイタリアのカプリ島にある、海が侵食したことで作られた青の洞窟を想像するかもしれません。

ですが実は青の洞窟というのは、世界中いろいろなところに、たしかにそれほど数は多くありませんが、いくつか点在しています。

でもたとえ世界中いろいろな場所に青の洞窟があったとしても、日本には絶対にないだろう…。

このように考えている方も多いかもしれません。

ですが実は、日本にも青の洞窟はあったのです。

でもどこにあるのか…?

それは沖縄です。

沖縄と言えば海もきれいで透明度も高く、熱帯魚もたくさんいます。

そのため海を愛する方たちのダイビングのメッカとなっているのですが、そのダイビングをする場所にも、ダイビングスポットと呼ばれる場所がたくさんあったのです。

そしてそのダイビングスポットの場所の一つが、恩納村にある日本の青の洞窟なのです。

青の洞窟区の魅力と言えば、やはり自然が生み出す神秘のブルーです。

さらに魅力的なのが、その青の洞窟の神秘のブループラス、様々な魚、熱帯魚が集まり幻想的な世界を作り出す様子や、その青の洞窟の場所自体に人が多く立ち入って荒らしていないために、魚たちが人間を警戒していないので、魚の方から寄ってくるくらいの、まさに自然と一体になれる点にあるのです。

この自然と一体になれるという事や、美しさに惹かれて、今では世界中からダイバーや観光客が訪れるほど人気になっているのです。

おすすめ 青の洞窟沖縄の「青の洞窟」ダイビング|スカイリーフダイバーズhttps://skyreefdivers.com/